傾斜からのアプローチ -ゴルフが上達する方法-

グリーンまわりはラフが多いですよね。さらに言えば、真っ平らな部分など、ほとんどないことが多いです。

サイトマップ

グリーンまわりはラフが多いですよね。さらに言えば、真っ平らな部分など、ほとんどないことが多いです。

「どれだけピンに寄せるか」に集中していると、微妙な傾斜に気づかず打ってしまったり、過敏に反応してしまったりすることも多くなります。

 

微妙な傾斜を見極める

グリーンまわりからのアプローチは、ほとんどが傾斜からのショットと考えて間違いないはずです。傾斜を過剰に意識してしまうのも問題ですが、それに気づかず打っている人もかなり多いのではないでしょうか。

これは錯覚にも影響されます。グリーンの傾斜がきつい場合、立っているところが水平なのか、グリーンが水平なのか、わからなくなってしまうこともあるはずです。そんなときは、キャディさんがいれば、グリーンの傾斜を聞いて確認しておきましょう。

正しい傾斜を踏まえて、それに合わせて立つことが大切です。微妙な傾斜でも、その角度に合わせて立ち、上半身を微妙に調整することで、違和感のないスイングができるはずです。しっかりと意識を足元に置き、普段のショットをすることが大切です。

微妙なものだからといって無視したり、大げさにとらえたりすると、感覚がズレて失敗につながってしまうのです。

 

 

特別な意識を持たない

「~したい」「~しなければ」と願望が強いほど、知らず知らずのうちにいいイメージが浮かんでくることがあります。そのイメージが膨らみすぎると「今回はできる」「自分ならできる」「ラインがくっきり見えた」などと思ってしまいがちです。

ゴルフに限らず、そんな状況ですべてが思い通りになってきたでしょうか(笑)「自分だけは特別」「今回だけは…」なんてことは絶対にないですよ。スコアを確実に縮めるためには勘違いは禁物です。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法