苦手意識は最大の敵 -ゴルフが上達する方法-

「バンカーは嫌い」「バンカーは苦手」と思っている人の多くは、過去にミスショットをしたり、バンカーから出せなかったりした経験があるのではないでしょうか。

サイトマップ

「バンカーは嫌い」「バンカーは苦手」と思っている人の多くは、過去にミスショットをしたり、バンカーから出せなかったりした経験があるのではないでしょうか。

 

苦手意識をなくす

苦手意識が芽生えてしまうと、ショットの前から結果はほぼ決まってしまいます。それは、打つ前からミスショットのイメージが頭に焼き付いているからです。

そんな状態で「うまく打とう」と思ったところで、行きつく結論は「前にこうやってダメだったから、今度はこう打ってみよう」などという普段は絶対にやらない「特別なショット」なのです。

しかし、普段練習していないショットが成功する確率はかなり低いです。その場は運良くしのげたとしても、おそらく次のバンカーでは確実にミスするでしょう。

全てのミスショットには原因があります。苦手うんぬんはともかく、まずは冷静にミスの原因を分析してみましょう。それが理解できたら、ミスした現実は忘れましょう。これこそが悪いイメージを引きずらない方法なのです。

 

 

過去の失敗を忘れる

失敗したことをいくら悔やんだところで、その事実が消えることはありません。考えれば考えるほど、悪いイメージが頭から離れなくなってしまうものです。まずは、失敗を頭の中から完璧に消し去ることから始めましょう。

失敗したときのことを思い出してみましょう。何か原因があるはずです。やり方は簡単で、芝の上からのナイスショットの感覚と比べてみればいいのです。そこで感じた違いがミスの原因で、そこだけ修正すればバンカーからも普通に打てるようになります。

ミスショットはフェアウェイからでもあるはずなので、とにかく忘れましょう。過剰に意識してしまうと、苦手意識や悪いイメージが次のミスを呼び込みます。

 

失敗したときに何を考えるかがポイント

過去の感触を思い出すのは難しいことだと思います。そんなときは、次のミスでの心構えでそれ以降のプレーがガラリと変わります。まずは普段のショットを基本にしてその違いを分析しましょう。

バンカーに限らず、ミスした瞬間に客観的に原因を分析することが上達につながります。打った直後の姿勢や手の感触から、「何か違う」を感じ取ってみてください。

その違いは何から来たのか、どんな体の動きがミスを呼んだのか、その動きになったのはカラダのどこに力が入っていたからか、など具体的にミスの原因を考えていきましょう。

 

ポジティブ思考になる

ミスの原因が理解できれば、それを修正すればいいだけのことです。前向きな気持ちで、同じミスをしないように取り組みましょう。自分を俯瞰的に見ることで、メンタルの弱さは克服できます。

具体的なミスの原因が分かれば、もう怖いものはありません。次に何をすべきかがわかるはずだからです。

芝の上からの通常のショットが打てる人はなら、大抵のミスは「力み」から起きているのではないでしょうか。その原因は、メンタル的なものがほとんどです。ここまでたどり着けば、平常心で打てるはずです。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法