目玉の対策 -ゴルフが上達する方法-

バンカーにたどりついて、ガックリくるのが目玉。ボールがすっぽり砂に埋もれてしまっていると、ショックも大きいですよね。

サイトマップ

バンカーにたどりついて、ガックリくるのが目玉。ボールがすっぽり砂に埋もれてしまっていると、ショックも大きいですよね。

しかし、ここでも特別な意識を持たないようにすることが大切です。

 

いつものスイングをしよう

スイングが完全に身につくまでは、状況に合わせてスイングを使い分けるなどということは、あまり考えない方が無難です。

いろいろなスイングをすることで、スイングの感触をカラダで覚えられなくなってしまうからです。

目玉になったボールの下を狙って、後ろから普通にクラブを入れると「砂に引っかかってうまく打てなそう」という不安に襲われがちですが、それを意識して上から打ちこんでしまうと、砂に負けてしまいます。

クラブをどう砂に入れようと考えるのではなく、いつものスイングを基本に、カラダの動きを少し意識しましょう。特別なことは何もしなくてよいのです。

 

 

肩の力を抜いて軽く振りおろす

目玉の場合は、通常のように後ろから砂にクラブを入れてボールの下をたたくのでは、砂に負けてしまいます。ただし別のスイングを身につけるのは逆効果。そこで、カラダの使い方を少しだけ気にしてみましょう。

アドレスは普段通りにして、砂の抵抗が大きくなる分、少しフェースをかぶせるように構えます。そして、普段より少し左足に体重をかけるようになイメージで、いつものスイングをしてみましょう。

これだけで、自動的にボールに対して上からクラブが入るようになります。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法