練習できない不安 -ゴルフが上達する方法-

バンカーショットができるような練習場は限られています。そして、よく行く練習場にバンカーが設置されていたとしても、なかなかそこで練習しようとまでは思わないですよね。

サイトマップ

バンカーショットができるような練習場は限られています。そして、よく行く練習場にバンカーが設置されていたとしても、なかなかそこで練習しようとまでは思わないですよね。

 

バンカーは特別なものではない

「砂の上にボールがある」「ボールが砂に埋まってしまう」などの状態から、バンカーは特別なものと考えてしまいがちです。「こんな特別なところからは、特別なショットをしなければならない」なとど思ったりしてませんか。

そんなことはありません。ごく稀に特別な打ち方が必要な場合もありますが、それはフェアウェイ内でも同じことです。基本はぶらーんと振る、自然なスイングでよいのです。

特別なことと考えたり、過去の悪いイメージから苦手意識を持ってしまったりすることが、力みにつながります。こうしてショットがどんどん難しくなっていくのです。まずはシンプルに考えましょう。芝の上だと思って、いつも通りのスイングをすればいいだけなんです。

なので練習もマットの上でもできます。そのときはバンカーショットとして「意識」してやってみましょう。ただし、スイング自体は変えてはいけません。

 

 

苦手意識をなくす

バンカーを「嫌だな」と思った時点でミスの確率がアップします。普段のリラックスした素振りを思い出しましょう。芝の上からのベストショットをイメージしたり、ゴルフと関係ないことを思い出したりするのもよいでしょう。

くれぐれも以下のようなことは考えないようにしましょう。

    • バンカーなので強めに打ちこもう
    • 砂があるのですくいあげないと
    • オープンスタンスでフェースを開かないと
    • フェアウェイバンカーだから距離を稼ごう
    • ピンに近いので力を加減しよう
    • 足を砂に埋めて安定させよう

     

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法