普段と同じスイングで -ゴルフが上達する方法-

バンカーといっても、砂の上にボールがあるだけです。あまりそのことに気をとられず普段と同じスイングを心がけましょう。

サイトマップ

バンカーといっても、砂の上にボールがあるだけです。あまりそのことに気をとられず普段と同じスイングを心がけましょう。

 

アドレス

練習場のとき同様に重心バランスのとれたリラックスした姿勢をとりましょう。スタンスとフェースの向きを打ちたい方向にしっかりと向けます。クラブに砂がつかないように注意しましょう。

バンカーに入る前に、素振りするのもリラックスできるのですごくよいことです。

 

 

テークバック

通常のスイング同様、腕の力ではなく、あくまでも自然な動きでヘッドの重さを感じながらクラブを持ちあげましょう。バンカーということを忘れて、芝の上からのつもりでスイングに入りましょう。

 

トップ

アドレスに入る前に決めた振り幅を信じて、スイングを始めてからの調整はしてはいけません。手首やひじをリラックスさせて、通常のスイング同様に行うのがポイントです。

 

ダウンスイング

腕の力で引き下ろすのではなく、アドレスに戻す自然なカラダの動きでクラブを振りおろしましょう。バンカーだからと力んでしまうと、ヘッド走らない力んだスイングとなってしまうので注意が必要です。

 

インパクト

クラブのバンスをすべらせるように、力まずに振り抜きましょう。通常のスイングのようにリラックスしてしっかり振れていれば、砂に引っかかることなく、スムーズに振り抜けるはずです。

 

フォロースルー

クラブを振った勢いで自然にヘッドが上がっていきます。特にコンパクトにすることも、大きくする意識も必要ありません。普段通り、すっぽ抜けない程度にクラブを軽く握ったまま振り抜きましょう。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法