距離による打ち分け -ゴルフが上達する方法-

まずバンカーからピンを狙うというのが大きな間違いです。プロでもミスするのがバンカーショットです。とにかく出すことだけを考えるのが基本です。

サイトマップ

まずバンカーからピンを狙うというのが大きな間違いです。プロでもミスするのがバンカーショットです。とにかく出すことだけを考えるのが基本です。

上級者ならともかく、初中級者はまず確実に脱出することが、スコアメイクの第一歩となります。

 

「寄せよう」と思わない

グリーンの真横にあるガードバンカーでは、ピンがすぐ近くに見えるため、ついつい「寄せたい」との願望が強くなりがちです。

しかし、よく考えてみてください。もしバンカーでなく、アプローチだったらどうでしょうか。その距離だったらベタピンにできるでしょうか。

さらに、いつもラウンドしているコースならともかく、初めて回るコースでは砂の固さもわからないはずです。そんなところから一発で正しい距離を狙うことが本当にできるか、打つ前に自問自答してみましょう。

自分の過去を振り返ってみるのもよいことです。同じような状況で狙って、寄ったことはあったでしょうか。もしピンに寄った経験があるとしたら、そのときはさほど「寄せたい」とは意識せず、自然に打っていたのではないでしょうか。

過剰に「寄せよう」と思う気持ちは、バンカーに対する苦手意識の裏返しです。まずはそこからクリアーしましょう。

 

 

迷いが引き起こす躊躇

自信がないとき、また苦手意識がある場面では、迷いが生じるものです。迷いがあるときに、中途半端な気持ちで行動を起こしてしまうと、動きも中途半端になってしまいます。それが躊躇です。

頭の中で整理されていない情報をもとにカラダを動かせば、動作の途中で頭をよぎったものが正しく思えてしまうのです。

そうなれば、何事もうまくいくはずがありません。「やはり最初に思った通りにしておけば・・・」などという、あとに尾を引く最悪の結果が待ち受けているのです。

 

ダメージの少ない選択をする

迷いが生じてボールに当たる瞬間に守りの心理が働き、強さを調節しようとするとミスショットにつながります。

その時の感情は「最初からこうしておけば・・・」「やはり最初に思ったことが正しかった」といったところでしょう。

最初の考えが正しかったという保証はどこにもなく、むしろどちらも正しくないことの方が多いものですが、この守りのミスは、後々まで尾を引いてしまうのです。

大切なのは、アドレスに入る前に決めた内容を実行することです。攻めてミスをしたら、心理的なダメージはそれほど大きくないはずです。

「どうせダメなら、ダメージの少ない方を選んだほうが得」と開き直ってしまうのも、一つの方法ですよ。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法