打ち下ろしと打ち上げ -ゴルフが上達する方法-

丘陵コースなどに多いのが、打ち下ろしや打ち上げのコースです。打ち下ろしが苦手な人は、おそらく打ち上げも苦手としているのではないでしょうか。

サイトマップ

丘陵コースなどに多いのが、打ち下ろしや打ち上げのコースです。打ち下ろしが苦手な人は、おそらく打ち上げも苦手としているのではないでしょうか。

 

特別な意識を持たない

アップダウンのついたコースは、練習場はもちろん、日常生活とも視点が異なります。こういったコースを苦手とする人の多くは、目線を変えることに慣れていないことが多いようです。目の前の風景の変化を意識しすぎてしまう傾向が強く、それによってミスを誘発されてしまいます。

意識すればするほど、何か特別なことをしなければならないような気がして力んでしまいます。もしくはミスショットなどを少しでもイメージすると、ボールは意識したところに行ってしまいます。これは意識に引っ張られて、カラダがその方向を向くのが原因です。

ここで気をつけたいのが、「意識しないように気をつける」ということです。これでは意識しているのと同じですよね。考えないようにすればするほど、意識してしまうものですから。

 

 

意識がボールの行方を決める

「意識している方向にボールが吸い寄せられる」という現象がありますが、これはボールのせいではありません。原因は、意識した方向にカラダが動くことにあるのです。

自転車で右に曲がりたいのに左にあるものに気をとられ、吸い寄せられるように動いた経験はありませんか。これと同じ現象で、意識をリセットしない限り、カラダは意識を下方向に自然と動いてしまうものなのです。

 

平地でのナイスショットをイメージ

目の前を見ると、どうしても意識してしまうのはしょうがないことです。これを防ごうとして、目を閉じたまま打席に入って打つわけにもいかないですよね。

そこで、ギリギリまで目を閉じて、平地で打ったナイスショットを繰り返してイメージしてみましょう。できる限り具体的に想像することが大切です。そのショットが出たときのコースの風景、天気、気分、スイングに入る前の動作、手の感触などイメージしながら、必要であればそのまま素振りしてみるのもいいです。

目を開けてからも、頭の中に描いたイメージのままスイングしてみましょう。きっとうまくいくはずです。どうしても苦手意識が強い人は、普段から練習場の2回席や3階席から打って、高さに慣れておくのもいい方法です。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法