距離の錯覚 -ゴルフが上達する方法-

目の前に細々とした、ものが何もない広いコースに出ると、普段の生活よりも視点が遠くなります。こんなときに距離の錯覚は起きるのです。

サイトマップ

目の前に細々とした、ものが何もない広いコースに出ると、普段の生活よりも視点が遠くなります。でも、まったく何もないわけではありません。

こんなときに距離の錯覚は起きるのです。また、コース設計家は、そんな錯覚をも利用して難コースを設計しているのです。

 

見え方の違いに惑わされない

人間の目は大きなものは近くに、小さなものは遠くに見えるようにできています。しかも周囲に比較できる大きさのものがなければ、さらにその傾向が強くなるのです。

たとえば、ティーグランドからの場合、フェアウェイやグリーン周りの木の高さ、池やバンカーなどの障害物の大きさ、打ち上げや打ちおろしのコースの見え方などが距離の錯覚を生みます。

グリーンまでのヤーデージを示す色杭がはっきり見えるなら問題ありませんが、必ずあるとは限りませんよね。距離がわからなくなったら感覚で判断するのではなく、コースを知りつくしたキャディさんに必ず確認しましょう。

 

 

障害物の見え方に気をつける

よくある例として、フェアウェイの手前側にある木と奥の木の高さが違うときの錯覚があげられます。手前が低く奥が高い場合、木と木の間は近く見えます。また逆の場合、その距離が遠く見えるはずです。

これ以外にも、バンカーや池のような障害物は近く見えるものです。距離感を間違えてキャリーで越えようなどと思うと、コース設計者の思うツボにはまってしまいます。しっかりと距離や大きさを確認して打つことが大切です。

また、打ち上げや打ちおろしのコースでも、距離感は狂います。打ちおろしでは距離が短く、打ち上げは長く感じます。池やバンカーも見下ろせば大きく、見上げれば小さく見えるもの。騙されないように気をつけましょう。

 

アップダウンやコースの幅の注意

フェアウェイの幅が均等で、起伏のないコースはほとんどありません。コースの幅やコース上の起伏の変化などが、距離感に大きく影響することも忘れないようにしましょう。

奥が広がっているコースは、実際より短く見えます。また先に行くほど狭くなっていれば長く見えるのです。

フェアウェイに起伏でも、盛り上がっていれば近くに見え、くぼんでいれば遠くに見えます。

まっすぐのコースであれば、どう見えようとまっすぐに打てばいいだけですが、ドッグレッグコースなどでは、これらの見え方がクラブ選択にも影響するので注意が必要です。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法