ディボットからのショット -ゴルフが上達する方法-

芝の生えていないベアグランドやディボットからのショットも、基本的には普通の芝の上からと同じです。しかし過剰な意識が、ミスを生んでしまうのです。

サイトマップ

芝の生えていないベアグランドやディボットからのショットも、基本的には普通の芝の上からと同じです。しかし過剰な意識が、ミスを生んでしまうのです。

 

ディボットを意識しない

ベアグランドで過剰に意識してしまうと、普段とは違う距離感が生まれます。その微妙な感覚の違いを手先でコントロールしようとして、ミスが起きるのです。

ディボットも基本的に同じです。小さなくぼみを意識することで、普段と微妙に異なるスイングをイメージするはずです。その距離感や軌道のずれが微妙であるがゆえ、クラブで何とかしようとしてしまうのです。その結果、普段とは別のスイングになり、ミスショットが生まれます。

例えば野球で、バットコントロールの悪い選手は、バットを操ろうとするから失敗するのです。バットを手の延長と考え、手をコントロールする感覚で打つことが大切です。ゴルフでもクラブよりカラダを意識するといいと思います。

 

 

感覚のとらえ方が重要

物事をシンプルに考えるのは大切なことです。目の前の状況を細かく理解しようとすると、それへの対応策と同時に、不安要素も浮上してきます。

しかし基本が同じなら、余計な意識をしないためにも、自分に都合よくシンプルに考えてしまえばいいのです。それを繰り返してイメージすることで脳にインプットされ、自然にカラダの動きとしてアウトプットされるのです。

 

100を切るために

ベアグランドは、シンプルにボールは芝の上にあるものとしてとらえてみましょう。ディボットではボールが崖っぷちにあると考えることでダフるイメージが消え去ります。

両方ともより具体的に、繰り返し頭の中でイメージし続けることが大切です。クラブでなく、手でボールを拾うような感覚で振ってみるといいと思います。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法