ラフからの脱出 -ゴルフが上達する方法-

ラフにボールが入ってしまったら、誰もががっかりしますよね。しかし、次のショットをどうするかが問題です。

サイトマップ

ラフにボールが入ってしまったら、誰もががっかりしますよね。しかし、次のショットをどうするかが問題です。

嫌な気持ちを引きずっていては、次のショットの結果も期待できません。冷静な判断で傷口を最小限にとどめることが大切です。

 

まずは現実を直視する

ラフからのショットは、打ちにくく飛距離も落ち、コントロールを失うこともあるので、誰にとっても嫌なものです。しかしいやいや打ったのでは、うまくいくはずがありません。

まずは現実を直視しましょう。どう悔やんだところで、あなたのボールはラフの中にあるのです。まずはライを見て、的確なクラブを選びましょう。

このとき残りのヤード数は、頭の中から消し去ることが大切です。距離が残っているからといって、深いラフからフェアウェイウッドで狙うのは、ミスの原因ともなります。

クラブを選択したら、次は狙う場所です。飛距離をコントロールしにくいことも考慮して、一番安全と思われるところを狙いましょう。

「ラフ=ミス」で、取り戻そうという気持ちは欲につながります。その考えが、力みを呼ぶのです。またふぁるからのショット自体に不安があるなら、深呼吸などをして、平常心を取り戻しましょう。

 

 

苦手意識が平常心を奪う

人は「いやだな」と思った瞬間に、その環境に飲み込まれてしまいます。「ラフは芝が長い。ということは、クラブに芝が引っかかってミスしてしまうのでは」といった連想をしてしまうのです。

実際に不ラフからのショットは、通常に比べ飛距離は落ちます。その現実を受け止めて、「ラフはそういうもの」と理解すればよいのです。

例えば水泳で「水の中では息ができないもの」と、誰もが知っています。水中で無理に呼吸するのではなく、自分のやりやすい方法で息継ぎをするはずです。

 

100を切るために

苦手意識はミスを誘発します。「嫌だな」と思った時には、まずひと呼吸置くのがいいでしょう。ただし、いきなり苦手なものを得意と思おうとするのはやめましょう。焦りにもつながって、結局ミスしてしまいます。

緩やかに、徐々に意識をポジティブに持っていくのがポイントです。まずはなぜ苦手なのかの理由を考えてみることが大切です。「ラフからの打ち方って、基本は通常のショットと同じだよな・・・」と考えていれば、「本当に苦手なのかな?」と感じるはずです。

また、これまでのラフからのショットすべてがミスではないはずです。過去の成功例をイメージできれば、苦手意識は薄れていくことでしょう。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法