フェースに惑わされない -ゴルフが上達する方法-

アイアンでのスイング前に注意しなければならないのが、クラブの形状からくる錯覚です。

サイトマップ

アイアンでのスイング前に注意しなければならないのが、クラブの形状からくる錯覚です。

 

クラブを持つ位置で見え方が変わる

クラブの形は、まっすぐに伸びたシャフトから小さなフェースが横に飛び出しています。またフェースは、先端に向かって幅が広く作られています。その上フェースにロフトがついているという、複雑な形状なのです。

これらの要素が目の錯覚を引き起こします。フェースは、クラブを持つ位置によって見え方が変わるのです。ですから、まっすぐ向けたつもりでも、いざ構えてみると、ちょっとズレているような気がしてしまうものなのです。

そこでクラブを握りなおすと、どれが正しい方向かわからなくなってしまいがちです。いくら正しいスイングを身につけていても、アドレスでのクラブの向きがズレていては、ボールはまっすぐ飛びません。

この場合は、視覚に頼らず手の感触でまっすぐを覚えておくといいでしょう。

 

 

正しい向きとは

クラブのフェースは、胸の前で合わせるといいです。これが一番錯覚を起こしにくい見え方になります。クラブを上下に振って、手の感触でまっすぐを身につけるのがベストです。

ここでまっすぐ握ったら、後でフェースがどう見えようと、グリップを変えてはいけません。

ヘッドが腰より低くなると、なんとなくフェースが左を向いているような気がしてきます。しかしこれは、見え方からくる錯覚です。真上から見れば、リーディングエッジはまっすぐ向いているのです。

最初に確認した、自分の感覚を信じましょう。ここで握りを変えてると、ボールは右に出てしまいます。

 

地面にクラブをつけると

アドレスでは通常、ソールを地面につけないのが基本です。しかし、中にはくせでソールを地面につけてしまう人もいるでしょう。

正しいリラックスしたグリップで地面をソールにつけると、フェースは少し開きます。これに惑わされてはいけませんよ。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法