ショートの第1打 -ゴルフが上達する方法-

アイアンでもティーアップできる唯一のショット、それがショートホールのティーショットです。アイアンでもティーアップできるので、ダフる心配がありません。

サイトマップ

アイアンでもティーアップできる唯一のショット、それがショートホールのティーショットです。アイアンでもティーアップできるので、ダフる心配がありません。

 

気持ちに余裕が生まれたときは要注意

アイアンショットで一番不安なのが、ダフりです。ティーアップして打てることでボールの位置が高くなり、気持ちの面での余裕が生まれます。ここで単純に芝の上から打っているときのスイングができれば、何の問題もありません。

しかしリスクから回避された瞬間、人は変わるのです。ある人は、その安心感から根拠のない自信が生まれ、欲が出てきます。また、その逆のタイプは、楽な状況からのショットがプレッシャーになってしまうのです。

どちらのタイプも、そういった気持ちの力みがカラダの力みを引き起こし、本来は簡単であるはずのショットを難しくしてしまうのです。

こんな経験が続いていくと、苦手意識が生まれます。そんなときは視覚的な情報に頼ることなく、大まかなイメージを作ってしまうことが大切ですよ。

 

 

安心感が力みにつながる

ミスの危険性が低いとわかった瞬間、うまく打たなければならないとのプレッシャーや、ピンポイントで狙おうとする欲などが、必ず生まれてきます。

しかし実力以上のものを本番で出せるのは、ごくまれなことですから、必要以上に意識しすぎないことが大切です。とはいえ「意識しない」と思うと、逆に意識してしまいます。

そんなときは冷静になって、自分を俯瞰的にみるように心がけましょう。そのためには、すべてを感覚的にアバウトに考えてみるとよいでしょう。

ティーアップすることによってダフる心配がなくなると、「守りの心理」や「攻めの心理」という2つの心理が働きます。

「絶対にダフれない」と考えると、ミスができないという勝手なプレッシャーからくる緊張や、以前のミスしたときの悪いイメージから筋肉が硬直し、力が入っているのに振り幅が狭い、アンバランスなスイングになってしまいがちです。

「ベタピンにつけてやる」と考えると、強気になって力が入ります。結果、普段なら難なく打つ能力のある人でさえ、ミスしてしまうのです。チャンスでのミスだけに、そのあとも尾を引いてしまうこともあります。

 

100を切るために

ティーアップして「ダフる心配はない」と思った瞬間から、スイングが変わっているはずです。ミスショットの確率が低いということは、思い通りのショットが打てるということ。つまり、最初から狙っていきたくなってしまいます。

そうするとメンタルの落とし穴にまんまとはまってしまいます。ここから普段のショットの戻るのは難しいものです。ショートホールだけに、後続の組に追いつかれたりしてしまうと、さらに焦りも加わります。

狙いを一点に定めるのではなく、ぼんやり見ながら「あのあたり」と定め、普段の練習をイメージしながら、バスケットボールなどの大きなボールを打つような楽な気持ちになるといいでしょう。どうしても力むようなら、目をつぶって打つのも効果的ですよ。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法