アイアンのメカニズム -ゴルフが上達する方法-

アイアンはボールを上げるようにできています。ドライバーに比べてフェースの角度(ロフト)が大きいのもそのためです。

サイトマップ

アイアンはボールを上げるようにできています。ドライバーに比べてフェースの角度(ロフト)が大きいのもそのためです。

またフェースの角度が大きくなるほど、シャフトは短くなってきます。

 

正確に距離を刻むためのクラブ

ロフトは、垂直からのフェースの傾きの角度で示されます。傾きが大きければ、その分上に打ち出され、バックスピンも強くなります。さらにシャフトが短くなる分、遠心力もかからなくなるので、飛距離は出なくなるものです。

また距離の短いショットほど正確性が求められるため、シャフトを短くし、クリーンヒットしやすくなります。それゆえアイアンは、力を込めたフルスイングは必要ないのです。

長くてロフトの小さい番手になるほど、難しくなります。またアイアンは、その形状によっても難易度が異なります。距離を合わせるためのデリケートなクラブなので、上級者になればニーズも変わってきます。常に自分に合ったクラブを使うようにしましょう。

 

 

裏側の形状で特性も変わる

アイアンの裏側の形はさまざまですが、その形状によってクラブの特性も変わってきます。というのも、それによってヘッドの重さやボールの弾み具合が変わるからです。

裏にくぼみのないマッスルバックは、フェースのほぼ中央からクラブの内部に少し入ったところに重心があるため、スイートスポットは狭くなります。さらに反発力も、その素材の特性そのままと言えます。

中空になっているタイプは、重心が低くなっているものが多く、スイートスポットは少し大きくなります。反発力も高まるのが普通です。

裏側がへこんでいるキャビティタイプも同様の特性を持ちます。さらにブリッジがかかっていたり、ポケット側にしたりして打ちやすいモデルもありますよ。

正面でフェースが前を向く

ドライバー同様、アイアンもシャフトのしなりとヘッドの重さを利用してボールを飛ばします。

一つ違うのは、自然にぶらぶら振ったときに、しなったシャフトと開いたフェースが戻るポイントがスイングの最下点、つまりカラダのほぼ中央になるようにできていることです。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法