アイアンのミスショット -ゴルフが上達する方法-

ドライバーと違ってティーアップできないのがアイアンショットです。それだけに多少のスイング軌道のズレでもミスショットにつながってしまうのです。

サイトマップ

ドライバーと違ってティーアップできないのがアイアンショットです。それだけに多少のスイング軌道のズレでもミスショットにつながってしまうのです。

 

スイングの乱れが打球に現れやすい

アイアンのミスショットともドライバー同様、全ての原因は振り遅れといえます。ボールへの意識が強すぎたり、力んでなんとかしようという、緊張や欲から来る力みが振り遅れを招きますが、それがミスの原因のほとんどです。

もう一度、アドレスのズレやグリップの握り方などの基本からスイングのチェックまでを、しっかりと行ってみましょう。

ドライバーと一つ異なる点は、テーショット以外ではティーアップしていないため、スイングの乱れが打球に現れやすいという点です。アイアンでミスの多い人は、必ずドライバーでも安定したショットが打てていないはずです。

 

 

ミスの原因はほとんど振り遅れ

アイアンのミスショットもほとんどは力みから来る振り遅れです。

  • 上体が前に突っ込む
    ボールを意識しすぎたり、思い切り打ちこもうとすると、トップの切り返しから上体が突っ込んでしまいます。ほとんどの場合がダフりにつながってしまいます。
  • 無理な姿勢でのテークバック
    左ひじを曲げない、頭を動かさない、などを意識しすぎると姿勢が崩れてしまいます。軌道が安定しないため、ダフり、トップ、空振り、そしてカット軌道になればスライスしてしまいます。
  • 腰の回転が速すぎる
    速いターンを意識しすぎると、カラダが開いて腕が遅れたスイングになります。多くの場合、フェースが開いてスライスしてしまいます。また、軌道が安定しないため、トップ、空振りも生じやすくなります。
  • インパクトでの伸びあがり
    振り遅れで開いたフェースをインパクトで無理に戻そうとすると、ひっかけてしまうことが多くなります。手でこねるタイミングが遅いとスライスしてしまい、伸びあがりが早いとトップしてしまいます。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法