コースでうまく打てない人 -ゴルフが上達する方法-

「練習場ではしっかり打てるのに、コースに出るとダフりまくりでまったくまともに打てなくなる・・・」という疑問や悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

サイトマップ

「練習場ではしっかり打てるのに、コースに出るとダフりまくりでまったくまともに打てなくなる・・・」という疑問や悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

 

練習場でダフっていませんか?

これに当てはまる人は、実は練習場でもダフっているのです。練習場では、ゴムマットの下は硬いコンクリートです。多少ダフっていても、クラブが地面で跳ね返り、クリーンヒットしてしまうのです。

これに気づかないままコースに出ると、地面にクラブが突き刺さるなどして打てなくなってしまうのです。

練習場で大きくダフったときに、トップしたような球が出ることがあります。以前「トップしたな」と思って、気をつけて打ったら、さらに大きくダフってしまったような経験がある方は要注意です。普段からダフリショットの練習をしている恐れがあります。

また、コースに出て自然と緊張し、それに気づかず力んでいる場合も、このような症状になるのです。

 

 

練習場ではボールは飛ばせる

練習場では、絶対に地面にクラブは刺さりません。またマットが衝撃をやわらげてくれるため、多少のダフりに気づかずボールを打っている人も多いでしょう。

さらに、大きくダフっているにもかかわらず、クラブが弾んでボールの中央に当たるため、トップしたときのようなライナーが飛んでいくこともあります。このダフりの感覚を、トップと勘違いしている初心者も多いようです。

練習場ではまっすぐ飛ぶが、飛距離が一定しない人などは要注意です。自分ではクリーンヒットしているつもりでも、実はいつも違ったダフり方をしている危険性が高いと思われます。

練習中に注意し、手の感触の違いがわかるようにすることが大切です。リラックスして振りましょう。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法