家での練習 -ゴルフが上達する方法-

スイングの最大の敵は「力み」です。力んでしまうことでスイングごとに軌道が変わり、それがミスショットにつながるのです。家の練習で克服しましょう。

サイトマップ

スイングの最大の敵は「力み」です。力んでしまうことでスイングごとに軌道が変わり、それがミスショットにつながるのです。

 

家の中で練習してみよう

ボールを置くことで平常心を保てなくなるのが力みの大きな理由ですが、クラブの握り方やグリップの力の入れ方が悪いと、力みやすくなるのも事実です。

ミスを減らすなら、家の中でもグリップの感覚とスイングを結び付けて練習しておくといいです。実際にボールを打たなくても、日ごろの練習で正しい感覚を身につけられます。

感覚を養うには、実際にクラブと握ってスイングするのではなく、むしろイメージに近いものを持って練習した方が効果的なこともあるのです。

 

 

壁を利用しよう

何も持たずに壁に向かって、アドレスの姿勢をとってみましょう。軽く素振りをしながら、徐々に振り幅を大きくしていきます。もし、力んで、前に突っ込んでしまうと、頭が壁に当たってうまくできません。

壁とカラダの平行を保ったまま、上下に伸びたり沈んだりして、いろいろな高さで振ってみることで、さまざまな長さのクラブにも対応できます。

 

ハンガーを持って振ってみる

次にハンガーを持って振ってみましょう。スイングのときにグリップに力が入ってしまうと、手の力むが腕や肩の力みにつながります。両手の中指と薬指で軽くハンガーをひっかけるつもりでスイングしてみましょう。

スイング中に力が入ってしまうと、壁にぶつかったり、ハンガーが手からすり抜けてうまく振れないはずです。力まず自然に振ってみましょう。

 

自然なバックスイングを身につける

最後に壁に背を向けてやってみましょう。余計な力が入っていると、トップやフィニッシュの位置が安定しないため、壁にハンガーが当たって振れません。

また、前の練習で壁を避けるためにのけぞっていたような人も、これで正しい姿勢をチェックできます。壁に向かって行う練習とセットでやっておけば、正しいスイングが身につきます。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法