ミスショットを減らす -ゴルフが上達する方法-

スイングをポイントでとらえてしまうと、スムーズな動きはできません。もちろん、インパクトも同じです。

サイトマップ

スイングをポイントでとらえてしまうと、スムーズな動きはできません。もちろん、インパクトも同じです。

 

普段の素振りをイメージする

普段の素振りをイメージできれば、ミスショットはなくなるでしょう。というのも、ミスショットのほとんどは、メンタルが原因だからです。

たとえばボールを置いたら「しっかり当ててやろう」という意識が芽生えます。そして「より遠くに飛ばしてやろう」という欲が出る人も多いでしょう。

さらに状況によっては「狙ってやろう」「いいスコアを出してやろう」という欲、「ミスしたら恥ずかしい」「みんなに見られている」「ラフに入れてしまったので取り戻そう」などというプレッシャーを感じます。

これらすべてのケースで共通するのが「力み」を生むということです。カラダのとこかに力が入り、自然なスイングができなくなるのです。ナイスショットへの近道は、この力みをなくすことなのです。

 

 

特別なイメージを持たない

ショットのときは、平常心でいることが理想です。「この場面では・・・」「自分なら・・・」「次のショットは苦手だから・・・」など、特別な意識を持たないことが大切です。すべてがうまくいけば、あなたはプロにだってなれるのです。

あれこれ悩むほど、カラダはそのイメージに反応し、筋肉に必要のない力が入るのです。そしてその力みは、クラブにも伝わります。結果的に手先でコントロールする、ぎこちないスイングになってしまうのです。

「練習場ではうまく打てる」という人なら、練習場と同じ精神状態に持っていくことが大切です。うまくできないようであれば、ゴルフ以外のことを考えて、気分転換するのもいいでしょう。

 

日常からイメトレ

気分転換がうまくできない人は、普段から発想を転換する練習をしておくといいと思います。ゴルフでどうしても緊張してしまう人は、ふだんの生活でも同じ傾向がみられるはずです。

仕事で行き詰ったときに別のことをイメージしたり、気分が落ち込んでいるときに楽しかったことをイメージしたりするのもいいでしょう。

普段から発想の転換に慣れておけば、それがそのままゴルフにも活きてくるはずです。何事も、目先のことにとらわれないようにすることが大切です。幅広い視点で見る練習をしておけば、精神的にも楽になると思います。

 

どうしてもうまくいかない場合は

応急処置としては、こんな方法がありますので、試してみてはいかがでしょうか。

<続きを読む>

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法