間違ったパッティングフォームとは -ゴルフが上達する方法-

パッティングフォームは最もメンタルに左右されます。いざ打とうとすると手が固まってしまった経験があるんじゃないでしょうか。

サイトマップ

パッティングフォームは最もメンタルに左右されます。いざ打とうとすると手が固まってしまった経験があるんじゃないでしょうか。でも、パッティングマットではそういう経験はありませんよね?

以下のようなフォームは間違っていますので気をつけましょう。

 

手打ちになる

カラダが回らず手だけで打ってしまう状態です。まっすぐに打とうとする意識が、体を動かなくさせます。手先のコントロールで距離を合わせようとしても、決して安定しません。

 

 

ヘッドが遅れる

ボールが当たる瞬間にスイングが止まってしまう人は結構多いです。過去に大きくオーバーして痛い目にあった人が打ちきれなくなるパターンの代表的なものです。

 

バックスイングが大きい

ロングパットでショートしてしまう人や運動経験の浅い初心者によく見られるパターンです。完全に力が入りすぎているため、まともにスイングできるはずがないのです。

 

ヘッドダウン or ヘッドアップ

ボールに集中しすぎてしまうと、上体が突っ込んでヘッドダウンし、ダフることも多くなってしまいます。またラインやボールの行方を気にしすぎると、今度はヘッドアップして引っ掛けやすくなってしまいます。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法