ロングパット -ゴルフが上達する方法-

ロングパットを決めてかっこよくガッツポーズをするプロのシーンをテレビで見て、自分のプレーにオーバーラップさせている人も多いのではないでしょうか。

サイトマップ

ロングパットを決めてかっこよくガッツポーズをするプロのシーンをテレビで見て、自分のプレーにオーバーラップさせている人も多いのではないでしょうか。

しかしロングパットなど、プロでもそう簡単に入らないものですよ。

 

狙い過ぎない

ロングパットが決まれば、スコアは確実に縮まります。とはいえ、そんなに簡単にロングパットなど決まるはずがありません。狙えば狙うほど、外した時のリスクも高くなってしまうのです。

ロングパットでは、まずラインを読まなければ、カップに近づけることさえできません。しかしカップをしばらく見ていると、何となく入りそうな気がしてくる場合もあるでしょう。

そんなときこそ要注意です。見ているうちに、なんとなくラインが見えてくる人もいるでしょうが、そのラインが正しいかどうかはわかりません。一つ言えるのは「入れたい」という気持ちから架空のラインが見えてくることもあるということです。

ラインが見えれば、その通りに打って一発で決めたくなるのは当然です。でも、思い返してみてください。それであなたは過去何回、痛い目にあっているのでしょうか。ラインがくっきり見えたとしたら、過去の教訓を思い出すように心がけましょう。

 

 

欲が現実をゆがめる

「こうしたい」という欲望を強く抱いているときに、その対象のものをじっくり見ていると、なんとなくよいイメージがわいてくることがあります。

これは、ポジティブなイメージを作るのに有効なときもありますが、正反対に働くこともあるのです。なんの根拠もなしに成功のイメージを持つことで、どんなに不可能に近いことでも「自分ならできる」「今ならできる」などと錯覚してしまうのです。

高いビルの屋上から、隣の低いビルに「飛び移れるのでは」と眺めているとそんな気になってしまうこともありますが、実際は不可能なものです。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法