パターのメカニズム -ゴルフが上達する方法-

パターは、もっとも正確性が求められるクラブです。そのため、的確にボールを捕らえられるように、シャフトも短くなっているのが通常です。

サイトマップ

パターは、もっとも正確性が求められるクラブです。そのため、的確にボールを捕らえられるように、シャフトも短くなっているのが通常です。

 

パターもロフトがある

ボールを転がすクラブなので、フェースが地面と垂直の位置でインパクトしなければボールは跳ねてしまいます。そのため、ロフトはないものと思われがちですが、実際には2~4度のロフトがついているものが多く見られます。

たいていの場合、ロフトがついている分、ネックがグース気味に曲がって、インパクト時にフェースが垂直になるようにできています。

構えたときにフェースと自分の距離を決めるライ角も様々です。ボールの真上に目がくるように構える人、通常のクラブのようにラインより手前に目の位置がくる人など、それぞれ打ちやすいポジションも異なるからです。

ヘッドの形状も様々ありますので、自分の打ちやすいクラブを選びましょう。

 

 

パターの種類

パターにはいろいろな種類があります。シャフトは中尺や長尺といった極端に長いもの、そしてヘッドの形状も様々です。しかし、ゴルフを始めてしばらくは、もっともスタンダードのものを使うことをおすすめします。

パターの主流となっているのが、マレットタイプとピンタイプのものです。

後ろに出っ張りのあるマレットタイプは、見ての通りヘッドが重めで後ろに飛び出ている分、ボールを押し出す力も大きくなります。ヘッドの重さを感じにくい人には、このタイプが適しています。

ピンタイプはオーソドックスなパターです。スイングに自信のある人に適しているものと言えます。

 

自分に合ったライ角のものを

パターは、基本的に自分が最も打ちやすいものを選びましょう。ヘッドの形状、グリップの形状や打感に加えて、このときに注意したいのがシャフトの長さとライ角です。

地面にパターを置いたときに、シャフトが自分に向かってどの程度傾いているか、どのくらい長いかによって、ボールと手元の距離が決まります。

つまり、同じパターでも、身長や打ち方によってボールの見え方が変わってきます。

例えばアドレスのときに、ボールの真上に目が来るように構える人なら、それに合ったライ角と長さのものを選ぶのがよいでしょう。

 

自分の打ち方とロフト

パターはボールをまっすぐに転がすものです。だからフェースは地面に対してまっすぐになっている、と思っていたら大間違いで、パターにもロフトはあります。

もしロフトが4度でシャフトがまっすぐについていれば、アドレスでまっすぐに構えてしまうとフェースが4度上を向いた状態になってしまいます。

これを正すには、手元を約6センチ前に出さなければならず、そのまま打つとボールは弾んでしまいます。

またネックがグース気味でロフトがあっても、構えやすくなっているものもあるので、実際に打って感触のいいものを選ぶ必要があります。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法