クラブ選びはしっくり感が大切 -ゴルフが上達する方法-

クラブ選びで最も重要なのが感触。自然なスイングをするには「しっくりくる」「なんとなく打った感覚がいい」という感触が大切。

サイトマップ

クラブ選びで最も重要なのが感触です。自然なスイングをするには「しっくりくる」「なんとなく打った感覚がいい」という感触が大切になります。

 

ヘッドの重さは重要

その際、注意してもらいたいのがヘッドの重さです。シャフトのしなりを生み出すのはヘッドの重さですし、クラブ性能をフルに引き出す自然なスイングをするには、このヘッドの重さを感じて振るのがもっとも効率的なのです。

これは単にヘッドが重ければいいということではありません。たとえばヘッドが重めのクラブでも、シャフトが重ければヘッドの重さが感じられないかもしれません。ヘッドの重さが意識できなければ、ヘッドを走らせる感覚も得られないでしょう。

クラブ選びでは技術レベルや体力などに合わせて、まずクラブの重さ、次に長さ、そしてロフトとシャフトの硬さを目安に購入するといいです。

 

 

ドライバーの選び方

ドライバーはヘッドスピードを目安に選ぶことをおすすめします。最も一般的な重さが295~305グラム程度です。これはヘッドスピードが36~40m/秒前後の、いわゆるアベレージの人にいちばん振りやすい重量になります。

ヘッドスピードがアベレージ以下ならこれより軽めがおすすめですし、逆にヘッドスピードがアベレージよりも速い人なら重めにすることをおすすめします。

またシャフトを長くするなら軽めに、短くするなら重くするほうがよいです。 平均は10度前後となるのですが、初級者には11~11.5度くらいがおすすめです。

ドライバーなどの長いクラブは、もともとスピンがかからない上、ロフトが小さいものを選んでしまうとスピン量が不足して、ドロップしたり、サイドスピンがかかったりしてしまいがちのためです。

 

アイアンの選び方

ドライバーはカーボンシャフトでも、アイアンはスチールの方がいいと思う人も多いと思います。でも、クラブ同士のバランスも大切です。7番アイアンを基準に考え、ドライバーとの重さの差が100グラム程度なら、スイングしてもまったく違和感がないと思います。

ヘッドスピードが遅い人は、難しいロングアイアンの代わりにフェアウェイウッドやユーティリティを入れると、とても使いやすくなります。

メーカーによってシャフトの長さやロフトに差があるので、単純に番手だけ見て購入しないようにしましょう。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法