ウッドとアイアンの違いを知る -ゴルフが上達する方法-

ゴルフクラブの性能を最大限の活かし、常にカラダに無理のかからないスイングをするために、道具の基本であるゴルフクラブの特性について確認しましょう。

サイトマップ

ゴルフで最も大切な基本は、いつでもコンスタントに同じスイングをすること。そこで必要となるのが、ゴルフクラブの性能を最大限の活かし、常にカラダに無理のかからないスイングをすることです。

そのためにも、まずは道具の基本であるゴルフクラブの特性について確認しましょう。

 

ゴルフクラブの種類

ゴルフクラブの種類は大きく分けて3つです。ドライバーやフェアウェイウッドのような大きなヘッドをもつウッドタイプ、ウェッジを含めたアイアンタイプ、そしてパターです。ここでは100切りに重要となるウッドとアイアンの特性を紹介します。

ウッドとアイアンはそれぞれ目的が異なります。ウッドは「ボールを運ぶ」という目的があり、アイアンは「距離を刻む」という目的があるのです。

アイアンで飛距離を稼ぐ必要はないのです。これまでアイアンで飛ばそう飛ばそうと力んでスイングしているとしたら、それは間違いです。アイアンでは、思い切りスイングする必要はありません。

 

 

ウッドについて

ドライバーやフェアウェイウッドなどのように、ヘッドが大きなゴルフクラブです。番手が大きくなるにつれてロフトが大きく、シャフトは短くなるので、フェアウェイウッドは「飛距離を出しながら調節もできるゴルフクラブ」ということもできます。

ドライバーはティアップしてヘッドがスイングの最下点を通過してから打つのが常識です。ゴルフクラブ自体もそのポイントでヘッドが戻るようにできています。

ティアップして真横からインパクトした、つまりアイアンと同じ位置で打った場合は、スイングの方向は水平で、ロフトはそのまま活きます。ボールからみると、ロフトの分フェースに平行な力が加わり、バックスピンがかかって高くあがるため、飛距離が稼ぎにくくなってしまうのです。

ゴルフクラブが振り上がるときにインパクトする、いわゆる「アッパースイング」では、スイングが上向きになっているため、ロフトの影響をあまり受けません。それによってフェースに平行なスピンをかける力が小さくなり、その分フェースに垂直な力が強くなるため、飛距離が出るのです。つまり、ドライバーの性能を発揮するのはアッパー気味のインパクトとなります。

 

アイアンについて

番手が大きくなるにつれてロフトが大きく、シャフトは短くなります。その分バックスピンがかかりやすくなり、飛距離に対してキャリーの占める割合は大きくなります。つまり、「高く上がって転がらない」ということになります。

ドライバーと比較すると、シャフトが短い分遠心力が小さいため、ヘッドスピードは遅くなります。さらにロフトが大きい分だけ、フェースに加わる平行な力が大きくなります。

その結果、ボールにバックスピンがかかり、上方向にふけあがって飛距離は出なくなるのです。

つまり、番手が大きくなればなるほど、ロフトが大きくなり、シャフトが短くなるので、飛距離が出なくなるように設計されています。番手が変わっても同じスイングをすることで、食らう部が勝手に距離を調節してくれるのです。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法