重心が前後にぶれない方法 -ゴルフが上達する方法-

ドライバーとウェッジでは長さが大きく異なり、アドレスの姿勢も大幅に変える必要が出てくるため、重心バランスのとれた姿勢を保てないと、スイングが乱れてしまうのです。

サイトマップ

ドライバーとウェッジでは長さが大きく異なるため、アドレスの姿勢も大幅に変える必要が出てきます。そのため、常に重心バランスのとれた安定した姿勢を保てないと、スイングが乱れてしまうのです。

 

カラダを上下に折りたたむ

クラブの長さが変わったら、重心を垂直に動かせば安定した姿勢を崩さずに済みます。これはカラダに力が入っていてはできません。十分リラックスした状態で、股関節、ひざ、足首を折りたたみましょう。

これが短いクラブを使うときの姿勢です。逆の動きをすれば、長いクラブでの姿勢になります。

カラダを折りたたむ際に気をつけたいのが、カラダの軸はゆるめないということです。背中が丸まってしまうと、スイングでのバランスの乱れにつながります。

 

 

短いクラブでのアドレス

重心のバランスがとれているかをチェックするには、姿勢を低くしてみることが一番です。ウェッジを極端に短く持ってアドレスの姿勢をとってみましょう。

このとき前傾(前に傾いてしまう)してしまうなら、元の姿勢も前傾気味のつま先重心、後傾(後ろに傾いてしまう)してしまうなら、かかと重心の傾向があると言えます。

どちらのタイプであっても、仮に平地でうまく打てているとしても、傾斜地ではバランスを崩してしまうはずです。重心のバランスは大切なので、しっかり整えるようにしましょう。

 

安定したポジションとは

鏡を見ても、足の裏を意識しても、「正しい姿勢がよくわからないっ!」という人もいるかと思います。そんなときは、その場で真上にジャンプしてみてください。その着地直後がもっとも安定した姿勢なのです。

ジャンプして不安定な空中から着地した瞬間、バランスを崩して倒れないように、本能的に自分の最も安定した姿勢をとろうとするからです。

ジャンプはひざを使って真上にできるだけ高くとびましょう。そしえ、着地では足に力を入れず、ひざで衝撃を受け止めるようにしてみましょう。そうすれば、安定した姿勢がわかるはずですよ。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法