グリップは緩めに -ゴルフが上達する方法-

ゴルフでは唯一、カラダがゴルフクラブに触れている部分がグリップになるため、スイングが良くも悪くも全ての力はグリップからゴルフクラブに伝わります。

サイトマップ

ゴルフでは唯一、カラダがゴルフクラブに触れている部分がグリップになります。そのため、スイングが良くも悪くも全ての力はこのグリップからゴルフクラブに伝わります。

その握り方が間違っていれば、打球は絶対に安定することはありません。

 

グリップに無駄な力は入れない

グリップには無駄な力を入れないのが基本です。どのくらいの力で握ればいいのかというと、目安としては、「インパクトでゴルフクラブがすぽーんと抜けない程度」です。

インパクトでは、フェースの重みでシャフトのしなりやねじれが戻って、ゴルフクラブが押し出されます。ボールを押し出す力はそれで十分なのです。ゴルフクラブがすっぽ抜けさえしなければ、グリップはゆるゆるで問題ありません。

 

 

グリップの種類

グリップの主な握り方は以下の3つです。ともに重要なのは両手の一体感です。左右の手に均等に力を入れるのは難しいため、両手をばらばらに握ってしまうのはあまりよくありません。

  • オーバーラッピング
  • インターロッキング
  • ベースボール

 

◆オーバーラッピングオーバーラッピング

アマチュアでもっとも一般的な握り方と言われています。小指のひっかけ具合は、ここに握りやすいようにやってみよう。両手に一体感が得られるように、リラックスして握るのがポイントです。3つの中では一番握りやすいグリップです。

 

◆インターロッキングインターロッキング

オーバーラッピング同様、一般的なグリップで、プロにもよく見られます。ジュニアや女性のような手の小さい人に適したグリップともいえます。プロの場合、ジュニアからゴルフを始めている選手も多いため、このグリップをよく見かけます。

 

◆ベースボールベースボール

野球のバットを握るときのようなグリップで「テンフィンガー」とも呼ばれます。左右の手がバラバラにならないように、両手を離さずに握ることがポイントです。力んでしまわないように気をつけましょう。

 

グリップは、スイングで最も大切なポイントの一つです。ここで力んでしまうと、スイングがすべて崩れてしまいます。とはいえ、これまでゴルフをやってきた人なら、変えることにもっとも抵抗感がある部分ではないでしょうか。

このグリップで大切なのは、握るというよりは、指に「ひっかける」感覚です。両手のなか指と薬指をゴルフクラブにひっかけるように握ってみましょう。

どうしても力んでしまう人は、思い切ってグリップを変えてみるのもいいかもしれません。特にオーバーラッピングで力んでしまう人は、インターロッキングに替えてみるといいです。

指をひっかけている分、左手の人差し指に力を入れにくくなります。中指と薬指でひっかける感覚がつかみやすくなるでしょう。

 

自分に合うグリップを決める

自分に合ったグリップを決めるのには4つのポイントがあります。ゴルフクラブを握ってみて、ヘッドを腰の高さにあげた状態で確認しましょう。

  • 左右の手のバランス
    インターロッキングの場合は左右の手の一体感、それ以外の2つのグリップでは左右の手に入った力のバランスを確認しましょう。
  • 腕力
    腕力が強く力む人はインターロッキング、平均的な人や力のない人はオーバーラッピングがおすすめです。
  • 手の大きさ
    手が小さい人はインターロッキングが適切です。
  • フィーリング
    ヘッドの重さを感じやすく振りやすいのが最適です。

 

グリップでスイングスピードがあがる

グリップに遊びを持たせることで、ヘッドスピードがあがります。

 

◆強く握るとぎこちなくなる

グリップを強く握りしめていると、手首に力が入って柔らかく使えなくなってしまいます。それではゴルフクラブを腕の振り幅以上に大きくは振れなくなってしまうのです。

また手首の動きがスムーズでなくなるため、スイング自体もぎこちなくなってしまうのです。

<続きを読む>

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法