グリップでスイングスピードが上がる -ゴルフが上達する方法-

グリップに遊びを持たせることで、ヘッドスピードがあがります。

サイトマップ

グリップに遊びを持たせることで、ヘッドスピードがあがります。

 

強く握るとぎこちなくなる

グリップを強く握りしめていると、手首に力が入って柔らかく使えなくなってしまいます。それではゴルフクラブを腕の振り幅以上に大きくは振れなくなってしまうのです。

また手首の動きがスムーズでなくなるため、スイング自体もぎこちなくなってしまうのです。

手にすっぽ抜けない程度の遊びを作っておくと、腕に力が入らない分、ヘッドの重さに逆らわず、自然に手首を使えるはずです。スイングには、この遠心力に逆らわない自然な動きが大切なのです。

グリップで力むと、ヘッドスピードが落ちるだけでなく、疲労からもスイングが安定しなくなってしまうのです。

 

 

手首を柔らかく使える

テークバックでのポイントは、手首のコックです。腰の高さまでゴルフクラブを引いたときに、自然に手首を曲げてゴルフクラブを上げられるかが重要になります。余計な力を入れずに、カラダに無理のない自然な動きをすることにより、スイングは安定するのです。

グリップを強く握ってしまうと、腕に力が入っている分、この動きがぎこちなくなります。つまり、腕の筋力でゴルフクラブを持ちあげてしまうのです。すると、ゴルフクラブの軌道は、腕力でコントロールされたものになります。そして、ダウンスイングで同じ軌道をたどるのも難しくなってしまうのです。

この不自然なテークバックと同じ軌道で振りおろそうとすると、当然不自然な動作が要求されます。これではスイングは安定しません。さらに、ゴルフクラブの重さは感じられても、ヘッドの重さは感じられないはずです。

 

手首を自然に返せる

フォロースルーでは、勢いを落とさず自然に振りぬくことが大切ですが、勢いを保とうとしてカラダに力を入れなくても、ゴルフクラブは勝手に回ってくれます。必要なのはテークバックと同様に、十分リラックスした状態です。

逆に、フォロースルーの形を意識して振ってしまうと、腕でゴルフクラブの振り抜きをコントロールすることになり、インパクトにも影響してきます。

これはインパクト前後からフォロースルーの形を意識しておかないと、ダウンスイングで勢いのついた動きを手先でコントロールできなくなってしまうからです。つまり、ゴルフクラブをギュッと握った状態でのスイングがこれに当たるのです。

多少の力みでもスイングの軌道はズレてしまうのですから、グリップを強く握ると安定したインパクトは作れないのです。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法