ヘッドの重さを味方に -ゴルフが上達する方法-

何も考えずにぶらーんとスイングすれば、ヘッドの重みでシャフトがしなり、それが元に戻ることで勝手にスイングの速さ以上にヘッドスピードは上がります。

サイトマップ

ゴルフクラブはボールを効率よく飛ばせるように設計されています。何も考えずにぶらーんとスイングすれば、ヘッドの重みでシャフトがしなり、それが元に戻ることで勝手にスイングの速さ以上にヘッドスピードは上がります。

 

ヘッドスピードが最高のところで打つ

ヘッドスピードが最高になったところでボールが打てれば、もっとも効率のいいスイングになると言えます。

自然にクラブを振ったときに、ヘッドスピードがもっとも速くなるのは、フェアウェイウッドやアイアンならスイングの最下点、つまりカラダの正面となります。

ドライバーの場合は少しズレて、最下点をやや通り過ぎたあたりで最速となり、そこでインパクトするのがベストということになります。

またシャフトには、ヘッドの重心がシャフトの延長線上にないため、ねじれが生じます。このねじれも自然に振っていれば、スイングスピードが最速になるポイントで戻るようにできているので、まっすぐ打てるのです。

 

 

ドライバーはスイートエリアが大きい

よく「芯」という言葉を耳にしますが、これは一言で表すと重心の位置です。つまり、「芯」に当てることでボールが飛ぶというのは、それがヘッドの重さが最も効率よくボールに伝わるということなのです。

たいていのドライバーはフェースの中心に当たれば一番飛ぶ、と考えていて間違いはありません。

ただ、基本的には重心は一点です。ドライバーのようにシャフトが長くなればなるほど、点に当てるのは難しくなります。そこで最近のゴルフクラブは、ヘッドを大きくし重心を奥にすることで大きなスイートスポットをつくって、ボールが当たればと部分を広げてあるのです。

ヘッドが大きい理由はもう一つあります。太鼓をたたくのと同じで、中心と叩いた場合、太鼓が大きいほど跳ね返ってくる強さも強くなるはずです。これが「反発力」となります。

 

アイアンは形状で難易度が違う

アイアンは形状によって難易度が異なってきます。これはドライバー同様、重心との関係が影響してきます。スイートスポットが広ければ、もちろん当てるのは簡単になってミスは少なくなります。シンプルにゴルフを楽しみたい初中級者には、こういったクラブが向いていると言えます。

しかし、スイートスポットが広いということは、それだけ手先でコントロールしにくいということにもつながります。上級者の中には、そんなクラブを嫌がる人もいます。なので、あえて難しいクラブも市販されているのです。
一般にフェースの裏側にくぼみがなく、中も空洞になっていないマッスルバックと言われるタイプのものが上級者向きです。

ヘッドが大きく裏側がポケットのように広がっているものをポケットキャビティと言います。スイートスポットが広いため打ちやすくできています。
100切りを目指す上では、やはりポケットキャビティのアイアンを利用する方がおすすめです。その後、コンスタントに100を切れるようになったときに、上級者用のクラブも利用してみて、どちらが自分に合うか検討してみたほうがいいと思います。

 

売れ筋ランキング

2015年11月現在

ゴルフ上達マニュアル

第1位

7日間シングル
プログラム

第2位

ゴルフシンプル理論
完全マスター
プログラム

第3位

浜井流ゴルフ上達法

第4位

しなり活用!森本式
リズムシンクロ打法

第5位

一万人を見てきた熟練キャディーが教える
究極のゴルフ上達法